Titim Aimitis ~気ままにhandmade~

自由にいろいろ作ったり作ったり遊んだり…

スポンサーサイト

  1. --.
  2. --.
  3. --
  4. (--)
  5. --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

振り返り!

  1. 2015.
  2. 03.
  3. 04
  4. (Wed)
  5. 00:45
こんばんは、アサトです。

さて、先日アップしましたmiwa先生ブログにて実施中の公開講座にて作成したがま口ちゃんですが。


↑この子!

作成してみての工夫したとことか、反省点とか備忘として、上げてみたいと思います。
添削シートに書くのとほぼ同じになりそうですが、
例えば 「がま口 作り方」 とか 「がま口 手作り」 とかでネット検索した人がもしこのブログに迷い込んだとしたら、
その方の何かしらの参考になれば、、、と。
自分の記録にもなるし!

ホントは写真と共に載せた方がわかりやすいんですけどねー、ないんですよー
何せ夢中で作ってたもんで

★表布と内布
前の記事にも書きましたが
今回、内布にキルティング布を使ったので内布はほんの少~し小さめ(出来上がり線より内側)を縫った方が納まりよかったかなぁ?と思いました。まぁ、その内馴染むとは思うんですけどね!

★開口部分の縫製
今回、開口部は最初から切り落としています。
そして、口金にはめるとき、広がって入れにくいってのがたまにあったので、
なんていうんだっけな…かがり縫い?って感じでくるくる周りを囲い込んで縫いました。
ここでの注意点は あんまりギュッと縫いすぎないこと です。
適度にゆるーく縫った方が後々のためだと思いました。

★口金に接着剤を入れる
ここで気をつけたのは、少な目意識と、端っこを避けて接着剤を入れることですね。
ギリギリから入れちゃうと、布押し込んだらドッパー!って、溢れてきよるんでね。大騒ぎになっちゃうんでね…(大惨事ですよ、もう。)

★差し込む!
かがったおかげで、差込みがすっごいでした!
ただ、↑で書いた通り、あんまりギュッと縫ってると差込は楽だけど、紙ひも入れても余裕あるから緩くなっちゃうかも…とは思いました。
でも、ホント入れやすかったー!

あと、今回のこの麻の葉柄布は、左右が合ってるかとか確認しやすかった(笑)
直線があるからwww

おかげで左右のバランスも…まぁいい感じかなって。

★かしめる
前回の教室で、なかなかしっかり止められず、先生に「案外力ないね」と笑われましたが、
違うんです!(笑)
あんま力入れたら、表の部分も潰すんじゃなかろーかと
ビビりな心が思い切りを妨げてたんですwww

だもんで、今回は思いっきり!
よくある手芸用品店で売ってるウレタンつきのペンチだから、そこそこ力入れな!と判断しました。
爪入らないから多分だいじょぶと思う…です、ハイ。


長々書きましたが思いつくのはこんなとこでしょうか。

次回はこの辺の写真も忘れず撮ろう…


…はっ!!今色々見直してたら
紙ひもの入りが甘いとこみつけたorz
やだー、しっかり押し込んだのにー!
押し込んだあとに生地のヨレ直すために引っ張った時出てきちゃったのかしら…
気づかんかった
これ強く引っ張ったら抜けるな;ううぅ(T_T)

…とまぁ、反省点や改良点も色々あるけど、それでも可愛いよ、お気に入りですよー!
しっかり見直して、part2にも、その他のがま口作りにも挑みますよっ!

スポンサーサイト

COMMENT

Would you like to comment?



  管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。